クリア歯科東京院
歯科用語集
歯科用語集

ABS処理

名称 ABS処理 読み方 えーびーえすしょり

アバタイトブラスト表面処理の略称。インプラントの骨埋入部をリン酸カルシウム・セラミックスの結晶粒子を使用し、ブラストして表面をあえて粗くする技術のことをいいます。
これにより、生体との親和性が高まり、ABS処理されたインプラントは、高い生体親和性を示すことになります。
この処置を行うことで、結果的にインプラントの原材料であるチタン表面に生活不活性な物質が残ることがないため、親和性が高くなる効果が知られています。
なお当院の使っているマイティス・アローインプラントにも採用されています。

ABS処置の場合には、不活性な物質となる粒子がほとんど残存しないため、他のインプラントの表面処理よりも初期固定の面で優れているといえます。
ある程度の粗さを備えた純チタンのインプラントに近い構造になっていることが特徴です。また、わずかに残ったブラスト処理されたリンなどの粒子も生体親和性を損なうものではないと考えられています。
ABS処理されたインプラントセルフタップの植立はタイトな初期固定が可能となることでも知られています。

関連用語

関連ページ

ページTOPに戻る

インプラント・矯正をお考えなら初回無料カウンセリング実施中0120-320-920

⇒HOME

⇒診療項目・料金 費用

⇒ご予約・ご来院

⇒診療時間・アクセス

⇒クリニック紹介

⇒よくあるご質問

⇒クリア歯科の特徴

⇒求人情報

⇒お問い合わせ

⇒個人情報の取り扱い方針

⇒セキュリティーについて

⇒当ウェブサイトのご利用について

クリア歯科東京院 (医療法人社団 有心会)

東京メトロ「日比谷駅」徒歩3分
JR「有楽町駅」徒歩5分

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-12
ダイハツ有楽町ビル3F

【診療時間】
平日 午前/10:00~13:30 午後/15:00~19:00
土曜 午前/10:00~13:00 午後/14:00~17:00

※水曜・日曜・祝祭日休診
※祝祭日のある週は水曜診療有り
※週初めの午前診は10:30からです

PC版ページを見る
ページTOPに戻る