1. セラミッククラウン

クリア歯科東京院の歯科用語集

歯科用語集

セラミッククラウン

名称 セラミッククラウン 読み方 せらみっくくらうん

セラミックの目立たない、自然な人工の歯のように見える冠のことをいいます。
審美歯科治療で使用する手法の一つで、色が変色している、欠損している歯にセラミックの冠をかぶせることによって、歯の形状や大きさ、色合いを美しく、健康的に見せることが出来ます。
土台となる歯の表面のエナメル質が少ない場合など、歯の外側を削り、そこにかぶせるように使用します。
遺伝や薬剤、健康面などの理由で、変色してホワイトニングが出来ない場合などに極めて有効な手法です。

現在は加工技術も、歯科技術とともに発展しているため限りなく、自然歯の色合いや形状に近い形で作り出すことが可能です。
治療時のデメリットとしては、冠を被せる治療法となるため、ラミネートベニア法とは違い、歯を削る部分が多くなってしまうことです。
さらに治療に負担がかかるという一面があります。
治療時間は一時間程度で、数回に分けて行われるのことが一般的です。

審美治療ができるお近くのクリア歯科

東京でお探しの方
大阪でお探しの方
愛知でお探しの方
京都でお探しの方
兵庫でお探しの方

クリア歯科では、セラミックの一種であるジルコニア素材のクラウンを強度や耐久性などの面からおすすめしております。

  • インプラントと歯列矯正のカウンセリングは無料です。
  • 新型コロナウイルス感染防止への取り組み

お知らせ

診療項目

クリア歯科東京院
有楽町駅中央西口 徒歩5分

治療室
時間
10:00

13:30
15:00

19:00

クリア歯科グループ

  • インプラント治療のこの費用の理由
  • よくあるご質問
  • 歯科用語集

TOP