1. 義歯(入れ歯)

クリア歯科東京院の歯科用語集

歯科用語集

義歯(入れ歯)

名称 義歯(入れ歯) 読み方 ぎし(いれば)

義歯には、喪失した歯を補うための歯のことをいいます。
一般的には、保険診療で使用される有床義歯のことを総称して「入れ歯」と呼ぶことがあります。かつては、天然の歯に比べて咀嚼効率が悪く、患者が使用する場合には異質な感覚があるなど、使用上で問題が起こることが多くありました。
入れ歯の場合には、また見た目がピンク色のプラスチックの床があるために、避けられる傾向がありました。

近年は、患者の状況や様相に合わせて、格段に歯科技術も進歩しており、咀嚼効率も飛躍的に向上しているといえます。
また、患者の要望に応じて、自由診療になりますが、金属床義歯を使用することも可能で、ほとんど入れ歯としての違和感をもつことなく使用することも可能になってきています。
このほか、歯が多数欠損した場合に用いられる使用法で、着脱式の「入れ歯」が使用されることも多くあります。
この場合には、部分入れ歯を固定するためにばねなどを使わない金属製の入れ歯もあります。

クリア歯科 東京院で、保険・自費の義歯をそれぞれ取り扱っております。

  • インプラントと歯列矯正のカウンセリングは無料です。
  • 新型コロナウイルス感染防止への取り組み

お知らせ

診療項目

クリア歯科東京院
有楽町駅中央西口 徒歩5分

治療室
時間
10:00

13:30
15:00

19:00

クリア歯科グループ

  • インプラント治療のこの費用の理由
  • よくあるご質問
  • 歯科用語集

TOP