日比谷駅徒歩3分・有楽町駅徒歩5平日19時まで、土曜も17時まで診療水・日・祝休診

  1. 静脈内鎮静法

クリア歯科東京院の歯科用語集

歯科用語集

静脈内鎮静法

名称 静脈内鎮静法 読み方 じょうみゃくないちんせいほう

静脈材や鎮痛剤、向精神薬を静脈内に投与することによって、歯科に対する痛みや術後の痛みや腫れを軽減する手法です。
使用された患者は麻酔状態をもたらすものの、全身麻酔と違い、術中には意識があり、薬物の使用によって、恐怖や痛みなどをほとんど感じなくなるという効果を期待できます。
高血圧や心臓病などの持病があり、治療時にストレスを出来るだけ軽減したい場合や、外科手術によって術後の腫れや痛みを抑制したい場合などに使用されます。

緊張状態を適度に緩和し、精神を弛緩させる効果があるため、歯科医や歯科手術に対して極度の不安を抱えている人の治療時に精神的な負担を軽減する効果も期待できます。
効果は非常に高いのですが、麻酔医の処置が必要となるため、患者の負担する費用が数万円から十万円台と高額になることがあります。
患者がこの治療を選択する場合は、費用的負担を理解した上で選択することが必要です。
また、治療後の作用が覚めるまでに、数時間を必要とする場合があります。

クリア歯科 東京院では、通常インプラント手術の際は局所麻酔を使用していますが、緊張しやすいという方には笑気麻酔や静脈内鎮静法という麻酔を使用し、手術を行っております。※要別途費用

  • インプラントと歯列矯正のカウンセリングは無料です。
  • 新型コロナウイルス感染防止への取り組み

お知らせ

診療項目

クリア歯科東京院
有楽町駅中央西口 徒歩5分

治療室
時間
10:00

13:30
15:00

19:00

クリア歯科グループ

  • インプラント治療のこの費用の理由
  • よくあるご質問
  • 歯科用語集

TOP