1. クリーニング

クリア歯科東京院の歯科用語集

歯科用語集

骨量

名称 骨量 読み方 こつりょう

骨量とは、骨内のカルシウムなど無機質の量を示すことです。
骨はカルシウムなど無機質によって構成されているため、この骨量が少なくなると、骨がもろくなり、骨粗しょう症などの原因になることが知られています。
年齢とともに、骨量が少なくなるため、骨がもろくなるという加齢による原因が考えられます。
骨量が少ないと、当然、顎骨の強さにも影響してくることとなり、インプラント治療を受けられない可能性があります。

また、骨量は、歯にも密接な関係があり、骨量が少ないと歯がもろくなり、虫歯などの原因になります。骨量は筋肉量とも連動しているといわれており、除脂肪量とも高い相関を示していることで知られています。
推定骨量はDXA法で推定することなどが出来、歯や骨の健康を守るためには、必要な方法です。
骨量が少なくなってきていると診断された場合、普段の食事にカルシウムを多く含む食事を加えるなどの工夫が大切です。

インプラント治療ができるお近くのクリア歯科

東京でお探しの方
大阪でお探しの方
愛知でお探しの方
京都でお探しの方
兵庫でお探しの方

  • インプラントと歯列矯正のカウンセリングは無料です。
  • 新型コロナウイルス感染防止への取り組み

お知らせ

診療項目

クリア歯科東京院
有楽町駅中央西口 徒歩5分

治療室
時間
10:00

13:30
15:00

19:00

クリア歯科グループ

  • インプラント治療のこの費用の理由
  • よくあるご質問
  • 歯科用語集

TOP