1. P処

クリア歯科東京院の歯科用語集

歯科用語集

P処

名称 P処 読み方 ぴーしょ

ペリオ(歯周病)処置の略。歯石などのスケーリングの処理で、状態に応じて患部を消毒する、麻酔を実施するなどの歯周病の処置の略称のことをいいます。
診療報酬請求書には、歯周病処置は、「P処」欄に点数と回数が記載されており、患者はここに表記されている点数で歯科医がどのような処置を行ったのかおおよその内容を確認することが出来ます。
また、この欄に使用された薬剤の名称なども記載されます。
このほか、歯周病の基本検査なども含まれることがあります。

P処は広く歯周病のときに使用される用語であり、患者側にとっては、治療後にどのような処置をされたのかを知る上でも一つの目安となる表記です。
このほか、口腔衛生指導を受ける場合などにもP処に分類されることがあります。
このほか、歯科用語の略称としては、単純歯肉炎を「単G」、慢性歯肉炎(軽度)を「P1」、急性化膿性歯髄炎を「急化Pul」、急性単純性歯根膜炎を「急単Per」などと略称を使うことがあります。

歯周病には段階があり、重度になればなるほど治療が大掛かりになり、外科的手術が必要となってしまう場合もあります。

ごく初期の段階でしたらスケーリングという処置で歯周病の主な原因である細菌や歯石などを専用の機械で取り除き、ご自身の日々のケア方法を見直すことで症状を改善させることができます。
少しでも違和感がある方はもちろん、予防的な意味も込めて定期的に歯科医院で診てもらうことをおすすめします。

  • インプラントと歯列矯正のカウンセリングは無料です。
  • 新型コロナウイルス感染防止への取り組み

お知らせ

診療項目

クリア歯科東京院
有楽町駅中央西口 徒歩5分

治療室
時間
10:00

13:30
15:00

19:00

クリア歯科グループ

  • インプラント治療のこの費用の理由
  • よくあるご質問
  • 歯科用語集

TOP